本文へスキップ

埼玉県を中心に自然エネルギーの普及を目指すNPO法人です

スターファーム保育園starfarm hoiku-en

スターファーム保育園市民共同発電事業

発電量実績


スターファーム保育園の太陽光発電は、2016年3月に発電を開始しました。2018年3月末で丸2年が経過しました。この間、発電装置にはトラブルはなく順調に発電していますが、発電量等のデータを記録する装置にトラブルがあったため、2016年3月(発電開始)から9月末までのデータが採取・保存できていませんでした。
したがって、ここでは、2016年10月からのデータを掲載しています。
2016年10月から2018年3月までの6か月間の予想発電量は8375kWhですので予想より約16%多いという結果です。
期間 発電量
kWh
対予想発電量比
CO2削減量
トン
2016年9月~12月 1,286 113 0.6
2017年1月~12月 6,852 118 3.5
2018年1月~3月 1,543 107 0.8
合 計 9,681 116 4.9

月別発電量比較



これまでの発電量の推移を棒グラフに示します。折れ線が予想発電量です。青色、橙色、茶色がそれぞれ2016年、2017年、2018年の実際の発電量を示します。
各月の実際の発電量と予想発電量を比較すると、2017年8月、10月、2018年1月を除くと、いずれの月も実際の発電力量が予想を上回っていて、天候に恵まれたことが窺えます。
2018年1月の落ち込みは、同月22日の大雪によるものと思われます。同年3月はほぼ前年並みに回復しており、性能の低下はほとんど認められません。

太陽光発電設備の概要

スターファーム保育園に設置された太陽光発電設備(204.6万円)は、埼玉県の補助(80万円)と、NPO法人埼玉自然エネルギー協会およびスターファーム保育園に寄せられた多くのみなさんの貴重な募金と出資金・拠出金によってつくられました。
太陽電池モジュール(パネル)は中国テルサンソーラー社製、パワーコンディショナーはオムロン社製、モニターはMitsumaru Japan社製で、施工は㈱高砂建設、㈱エスケー住建、㈱G-CRAFTによって行われました。

今後8年間にわたって、太陽光発電による東京電力からの購入電力の節約と売電による収益をもとに、出資者への返済を行い、その後はスターファーム保育園に譲渡されます。

スターファーム保育園の屋根に設置された太陽電池パネル
DSC_0067

点灯式の様子
2016年3月29日に募金者、出資者、職員および園児の方たちが参加して行われました。
(埼玉県からも温暖化対策課の担当者の方に出席いただきました)

DSC_0130DSC_0157

太陽光発電モニター
DSC_0129


施設の紹介

社会福祉法人まきば会の沿革とスターファーム保育園の目指していること

平成21年、社会福祉法人まきば会設立
平成22年4月、さいたま市にまきば保育園を開設
平成25年7月、上尾市にスターファーム保育園を開設

まきば会スターファーム保育園が掲げるモットーは、『笑顔と愛情』です。

未来ある子どもたちの保育に携わる者として、常にできることを考えて、保護者とともに、子どもたちの成長を見守り手助けする"保育"を実践しています。

確かな知識と愛情を大切にし、笑顔があふれる保育園を一緒に作りましょう!

スターファーム保育園: 上尾市今泉246-1 電話048-782-8793